昭島視察

2011年7月18日 18時04分 | カテゴリー: 活動報告

エコパークの太陽光発電
エコパークの太陽光発電
6月後半、昭島市内の視察に行ってまいりました。

昭島のことをよりよく理解するためにみらいネットワーク会派での視察です。

行ったところはエコパークと騒音測定器の置いてある拝島二小、そして給食センター、そして清掃センター、水道局へ行ってまいりました。

最初のエコパークは今年四月にオープンした昭島の新しい施設です。

大きな太陽光発電、屋上緑化に緑のカーテン、たくさんのエコな取り組みがなされています。
小学生が社会科見学に来ても絶対たのしそう。
広い土地に緑がたくさんあってこれからは公園などもできる予定。新しい昭島の新名所になっていってくれたらいいと思います。綺麗な会議室、ネットでエコな勉強するとき使えないかしら、と考えてます。

続いて拝二小の騒音測定器の見学へ。
屋上にひっそりと建っている防音測定器。新しい測定器になるそうで、どういう測定方法になるのか懸念されているそう。是非とも住んでいる私たちの味方になるような測定方法であってほしいと思うのでした。飛行機のうるささは尋常じゃないです。

続いて給食センターへ。たくさんの学校の給食がつくられています。おいしい給食を作るために、たくさんの方が働いていました。カレーのいいにおいがして、おなかがすいてしまいました。給食センターのワンプレートの問題は、センターの方でも問題をよくわかっていて改善していくそうな。お母様達の心配を考えると一刻も早くワンプレートの改善をしていただきたいと思います。そしてきっとこれからの問題は放射能測定でしょう。安全な食を子供たちに食べさせる大切な場所です。是非とも前向きに検討していただきたいと思います。

多摩辺中の民営化された所の給食を頂きました。民営化ということで、最初はどうなるのかという不安がありましたが、とっても頑張っている会社で、栄養士さんが料理を説明してくれ、とっても考えられているメニューだなと思いました。食器を洗うにしてもちゃんと手洗いの後に食洗機に入れている所などは徹底していてすばらしいと感動しました。久々の給食。ボリュームがあってとってもおいしかったです。

続いては清掃センター。昔小さいこ頃に社会科見学で来たような・・・。匂いがすごかったです。エコパークができたことで一部が閉鎖になっていました。大きな機械でゴミをかき混ぜていて、本当に圧倒されました。すごかったです。

最後は水道局でした。昭島の大切なおいしい水。
色々な場所を見せてもらい、改めて昭島の水の素晴らしさを体感致しました。昭島の大切な水をこれからもやっぱり守って行きたい。条例の制定が改めて必要だと実感致しました。

昭島をしり、問題点を洗い出し、政策につなげていく。
とっても有意義な一日でした。