東北地方太平洋沖地震

2011年3月14日 18時01分 | カテゴリー: 活動報告

まず、今回の地震で亡くなられた方々のご冥福を申し上げるとともにまだ助けを待っている方たち、連絡が途絶えている方々の無事な救出と、厳しい状況でそれぞれの任務にあたっている方たちの無事をお祈り申し上げます。

私はエレベーターに乗っている途中に地震がきました。
とても怖かったです。

地震、津波、原発と不安なことばかりですが落ち着いて行動をして頂きたいと思います。

近所のスーパーでは、食料品が無くなり、水がなくなり、被災もしていない昭島なのになぜ・・・?とびっくりすることばかりです。

そのくらいこの地震の動揺は大きく、冷静な判断ができずじまいなんだと思います。

今一番心配なのは原発です。

ニュースではなかなか真実は伝えられませんが、放送されている情報よりもっと放射能が漏れだしている可能性があります。

放射能を体から排出するには海藻(とろろ昆布など)がよいそうです。

自宅で海藻を食べながらじっとする。
文字にするとかなり笑えますが本気でこれを実践すべきです。

また、外に出るときはマスクも忘れずに。

やはりマスコミに求めることは正しい情報をちゃんと出してもらいたい、それを踏まえて私たちがどうするか考えられるようにしなくてはいけない。

真実を伝えることはパニックにつながるとは必ずしも言えないと私は思います。重要なのは正しい情報とそれを正しく判断できるように冷静になることではないでしょうか。

いまも福島の原発では放射能の恐怖と闘いながら必死で作業してくれている方たちもいる。そしてその方たちの家族の不安も計り知れない。

私は原子力から自然エネルギーの転換を求めます。
もう何度もこの放射能の恐怖を味わってきたはずなのに、いまだ新たに原発を作ろうとしているなんて・・・。

本当に苦しい思いでいっぱいです。
時速100キロで走れる足があればいいのにと、一トン持てる腕があればいいのにと思います。何もしてあげられない。無力です。

しかもお金もないから募金も少ししかできない。だめだめだ。

ただ、いまは節電して祈ることしかできません。
でも、それをやろうと思います。